本音 トーク 爆裂

人質事件について

人質交渉がいよいよ大詰めを迎えた。

 

明日には結論がでているのかな。

 

後藤さんの無事は願うがどうもしっくりこない。

 

自己責任で危険と承知で自らの意志で渡航したのである。

 

国の命令でも会社の命令でもない、自分の意志で。

当然かなりのリスクは予想していたはずである。

 

 

 

事実最後の動画で自分に何があっても自分の責任です

 

というシーンが放映されていた。

 

 

 

ということは捕まった・人質になった段階で自己責任を
完結して貰いたかった、例えば昔の北朝鮮スパイなら

 

青酸カリを持参していつでも死ねるよう準備をしていたのである。

 

 

 

それが誰にも迷惑をかけず最善のさくではなかろうか。

 

個人的には全く恨みはないが、今後のことを考えると

 

そういった前例も必要だ。

 

 

 

戦争の中に突入するのだからそのぐらいの覚悟は必要だろう。

 

嫌なら平和の日本で生活すればいいのだから。

 

逆にパイロットは同情できる。

 

軍隊の命令で出撃して撃ち落とされたわけだから立派な戦士である。

 

任務は遂行したのだから捕虜として当然の待遇は受ける権利はある。

 

軍人は命令で動くので任務を遂行しただけである。

 

今後のジャーナリズムのあり方は大いに議論されるべきだろう。

 

 

http://xn--veka682v99pn65aow6a.xyz/

 

http://ns-oreiboukou.com/

 

http://kaigo.pink/